2015年06月23日

成功者の言う「簡単です。」というのはどこまで本当なのか?

成功は簡単.jpg

「成功はシンプルだが簡単ではない。」


 こんにちは。世界放浪異端児トシカズです。






 さて、成功者の良く言う「簡単です。」はどこまで本当なのか?という事ですが。。。。







 この成功者が使っている「簡単でした。」と私たちが考えている







 「簡単」というのにはギャップがあります。








 成功者が良く言っている「実は簡単ですよ。」というのは。。。








 たくさんの事を試してみて、いろんな事をやってみて、実際振りかってみると








 「簡単だった。」と言っているだけなのです。







 この「簡単」は。。。







 「成功する為にやった事はシンプルだった」という意味なのです。







 自分の想像していた成功と実際やって成功した感覚にギャップがあったわけです。








 なので自分が想像していたのに比べて「簡単=シンプル」だっただけの話。







 そして実際のところ成功者が言っている程、簡単ではないのです。







 なぜなら「知らなければ」全ては難しいと思うのが多くの人の現実なのです。








 例えば、株と不動産で成功するのもみんな難しいと思うのですが。。。







 わたしは今振り返ればこそ「超簡単=超シンプル」だったと思えるのです。







 なんだそんなにたいした事しなくても成功できるじゃん。。。と。。。
 






 しかし、たしかに私が成功した不動産も株も色んな要素が一致してこそ成功出来るのです。







 株は言ってみれば、証券口座を開いてお金を入れれば後は買って売るだけです。







 不動産と言えば住宅ローンを組んだ後、テナントに貸し出すだけなのです。







 しかしそう言っても、問題は。。。どうやって証券口座を開設したらいいか分からない。。。







 どうやってお金を証券口座に入れるのか分からない。。。







 どうやって株を売買するのか分からない。。







 どうやって不動産を見つければいいか分からない。。







 
 どれぐらいの頭金が必要なのか分からない。。。。







 という細かな部分を解消していかなければなりません。







 わたしの最初の株目標はとりあえず何が何でも「1株」を買って保有する。







 これだけに信念を燃やしました。実はこういった細かなプロセスを通ってきたのです。







 でも自分にとってこのプロセスはそんなに障害的な物には感じられなかったのです。







 でもこのプロセスに凄い嫌気がさす人だっているのです。








 売買をする前にどんな株を買えばいいか悩み続けるのがすっごいしんどい








 と思える人もいるわけです。でもわたしにとってそこも障害には感じられませんでした。







 わたしは基本的に不動産を見て回る事も、株銘柄の会社を分析する事も







 「苦」ではなかったのです。1番「苦」だったのは、生活費の極限的な節約でした。







 しかしこの「苦」の過ごし方もわたしは心の中で楽しんでいた部分があったのです。







 つまり。。。「自炊」を楽しんだり、街中の無料のものを片っ端から持ち去ったりwww 






 
 わたしはこうやって一石二鳥の生活を繰り返していたのです。








 つまり料理も以前と比べてスキルアップ出来たし、節約術も身についたし







 株投資術も身についていったのです。そしてこれは全て一人で出来るものなのです。







 つまり自分の生活を極限に切り詰める事により、いざとなっても何の心配もないのです。








 どうやってギリギリの生活をすればいいか免疫が出来ている訳です。






 
 これって強いですよね?極限がどんな生活なのかだいたいカラダで分かっています。







 わたしはいざとなったら1万円で生活出来る自信があります。





 
 まあこの話は極論なのですが、いざとなったら実は意外にも色んな手はあるのです。








 多くの人は追いつめられはじめて色んな手がある事に気づきますが。。。






 
 こういう事は「想像力」をいかせれば、考えつく事が出来る訳です。







 なので思考を巡らしこういった時はどうするのか?をよく想定しておく事です。







 みんなこの「想定する」という事に時間をかけていないから。。。。







 「行き当たりばったり」の人生を歩む事になるのです。







 行き当たりばったりが全て悪いのではないです。







 たまには行き当たりばったりが良いでしょう。






 何も考えない事もリラックスをする上で大事な事ですよね?







 しかし基本が行き当たりばったりではうまくいかないというが現実でしょう。






 
 話を戻しますが。。。







 なので全ての事は最初は難しい。。。でも細かな事を日々解消していく事で







 全ての難しいと思える事でも最終的には「簡単」になるという事です。







 なので結論として言えば、成功者の「簡単だった」というのは。。。







 「シンプルだけと難しい」というのが最も現実的な答えになります。







 

 
posted by 世界放浪異端児トシカズ at 14:05| Comment(0) | 成功者の言う「簡単」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成功者の言う「簡単です。」というのはどこまで本当なのか?

成功は簡単.jpg
「成功はシンプルだが簡単ではない。」


 こんにちは。世界放浪異端児トシカズです。






 さて、成功者の良く言う「簡単です。」はどこまで本当なのか?という事ですが。。。。







 この成功者が使っている「簡単でした。」と私たちが考えている







 「簡単」というのにはギャップがあります。








 成功者が良く言っている「実は簡単ですよ。」というのは。。。








 たくさんの事を試してみて、いろんな事をやってみて、実際振りかってみると








 「簡単だった。」と言っているだけなのです。







 この「簡単」は。。。







 「成功する為にやった事はシンプルだった」という意味なのです。







 自分の想像していた成功と実際やって成功した感覚にギャップがあったわけです。








 なので自分が想像していたのに比べて「簡単=シンプル」だっただけの話。







 そして実際のところ成功者が言っている程、簡単ではないのです。







 なぜなら「知らなければ」全ては難しいと思うのが多くの人の現実なのです。








 例えば、株と不動産で成功するのもみんな難しいと思うのですが。。。







 わたしは今振り返ればこそ「超簡単=超シンプル」だったと思えるのです。







 なんだそんなにたいした事しなくても成功できるじゃん。。。と。。。
 






 しかし、たしかに私が成功した不動産も株も色んな要素が一致してこそ成功出来るのです。







 株は言ってみれば、証券口座を開いてお金を入れれば後は買って売るだけです。







 不動産と言えば住宅ローンを組んだ後、テナントに貸し出すだけなのです。







 しかしそう言っても、問題は。。。どうやって証券口座を開設したらいいか分からない。。。







 どうやってお金を証券口座に入れるのか分からない。。。







 どうやって株を売買するのか分からない。。







 どうやって不動産を見つければいいか分からない。。







 
 どれぐらいの頭金が必要なのか分からない。。。。







 という細かな部分を解消していかなければなりません。







 わたしの最初の株目標はとりあえず何が何でも「1株」を買って保有する。







 これだけに信念を燃やしました。実はこういった細かなプロセスを通ってきたのです。







 でも自分にとってこのプロセスはそんなに障害的な物には感じられなかったのです。







 でもこのプロセスに凄い嫌気がさす人だっているのです。








 売買をする前にどんな株を買えばいいか悩み続けるのがすっごいしんどい








 と思える人もいるわけです。でもわたしにとってそこも障害には感じられませんでした。







 わたしは基本的に不動産を見て回る事も、株銘柄の会社を分析する事も







 「苦」ではなかったのです。1番「苦」だったのは、生活費の極限的な節約でした。







 しかしこの「苦」の過ごし方もわたしは心の中で楽しんでいた部分があったのです。







 つまり。。。「自炊」を楽しんだり、街中の無料のものを片っ端から持ち去ったりwww 






 
 わたしはこうやって一石二鳥の生活を繰り返していたのです。








 つまり料理も以前と比べてスキルアップ出来たし、節約術も身についたし







 株投資術も身についていったのです。そしてこれは全て一人で出来るものなのです。







 つまり自分の生活を極限に切り詰める事により、いざとなっても何の心配もないのです。








 どうやってギリギリの生活をすればいいか免疫が出来ている訳です。






 
 これって強いですよね?極限がどんな生活なのかだいたいカラダで分かっています。







 わたしはいざとなったら1万円で生活出来る自信があります。





 
 まあこの話は極論なのですが、いざとなったら実は意外にも色んな手はあるのです。








 多くの人は追いつめられはじめて色んな手がある事に気づきますが。。。






 
 こういう事は「想像力」をいかせれば、考えつく事が出来る訳です。







 なので思考を巡らしこういった時はどうするのか?をよく想定しておく事です。







 みんなこの「想定する」という事に時間をかけていないから。。。。







 「行き当たりばったり」の人生を歩む事になるのです。







 行き当たりばったりが全て悪いのではないです。







 たまには行き当たりばったりが良いでしょう。






 何も考えない事もリラックスをする上で大事な事ですよね?







 しかし基本が行き当たりばったりではうまくいかないというが現実でしょう。






 
 話を戻しますが。。。







 なので全ての事は最初は難しい。。。でも細かな事を日々解消していく事で







 全ての難しいと思える事でも最終的には「簡単」になるという事です。







 なので結論として言えば、成功者の「簡単だった」というのは。。。







 「シンプルだけと難しい」というのが最も現実的な答えになります。







 

 
posted by 世界放浪異端児トシカズ at 14:05| Comment(0) | 成功者の言う「簡単」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。