2015年04月15日

楽観的にパーティーライフ意識で生きる


 多くの人は、いつも自分に何か足りなくてどうやったら満足出来るんだろうなどと考えている。自分はここが弱いとか、自分には〜が足りないとか、いつも「ないもの」や「足りないもの」や「短所」などばかりに意識を集中させているのだ。自分は〜が足りないから頑張ろうとか、短所がなってないからダメだとか。。。

 そんな事を考える毎日を過ごして一生終わっていいの?と私はききたい。足りないものや弱いところを改善する人生をあなたは本当に良い人生だと考えているのか?誰が一体明日死ぬかもしれないという時に「あっ!自分がここが良くない所だから改善しよう」とか「〜が足りないから頑張ろう」などと思うのだろうか?

 極論、みんなが「いや、それかなり大事でしょ!」などと思っている事なんて一人の人生の重みに比べたら屁のようなものぐらいなのだ。それをみんなウジウジしながら「ああ〜、ダメだ〜。もっと頑張んなきゃ」とか「ああ〜〜もっとちゃんとやらないと」などと思いながら生きているのは正直言って人生を無駄にして日々を生きているとしか思えない。

 なぜもっと笑っていられないのか?なぜもっと気楽に人生を楽しんでいないのか?なぜそんなにこだわっているのか?なぜそんなにシリアスなのか?なぜそんなに肩に力を入れているのか?なぜみんなそんなにプライド高くなって周囲の人間と自分を比べているのか?

 見えるだろうか?良くなろうとするばかりに私たちは自分の人生を縛りまくっているのだ。人生を1日単位でもっと味わい深く楽しんだり、楽観的に生きたり、リラックスして生きたり、人の長所を引き出してあげたりと、もっとパーティー意識が必要なのだ。

 いつから「弱点改善」人生がそんなに良いと思われるようになったんだ?いつから「周囲の人達と比べて自分の立場や位置を決める」人生になったんだ?みんな見比べ過ぎでしょ。いつから南の島でくつろげる人間が会社で奴隷のように働く人間より偉い立ち位置になったんだ?

 意外に思われるかもしれないが自分は南の島がいいとは全然思わない。憧れさえ抱いた事がない。っていうか本当にどうでもいいのだ。私にとって南の島はたかが南の島に過ぎない。ともかくみんなに共通して言えるのが。。。

 「ないものねだり人生」を歩んでいるという事だ。多くの社会人はそうだ。そしておそらくあなたも「ないものねだり人生」をきっと歩んでいるに違いない。

 歴史上いままでになかった程に社会は便利になっているというのになぜ私たちは今だにくだらない「ないものねだり人生」を生き続けているのか?それは私たちは「貪欲社会」に生きていて私たちが貪欲に生きるように社会がいつのまに私たち個人の脳に働きかけているからだ。

 常に新しいものを、より良いものを、より刺激的なものを、より良い人生を、より良い生活を。。。。。
オイオイ、貪欲になり過ぎでしょ。。。と言いたい。私たちを縛っていた正体は私たちの内に秘められた「貪欲のムサボリ」だったのだ。

 この社会はお金や学歴のない人間を「ダメ人間、クズ人間、能力のない人間、下等な人間、人生の選択肢が全くない可哀想な人間」と決めつけているがゆえに私たちは社会洗脳に洗脳されるがままになっているのだ。強い社会洗脳にかかっている人程。。。

 「成功」を意識し。。。。「人」と自分を比較し。。。。 「プライド」を持っているのだ。

 はっきり言おう。。。社会洗脳を解いて「子供」のようになって生きた方が楽しい人生なのだ。どうして東南アジア諸国やアフリカに行くとみんな笑顔なのか分かってきただろうか?彼らには私たちのような貪欲さはないのだ。自分と他人をこんなにも意識して比べて生きたりはしない。今日1日生き抜く事だけを考えて日々を生きているだけだ。

 だから現代社会の洗脳を解き放ち、もっと楽に楽しみながら生きてみようよ。とふと言ってみたくなった。


 

 

 


posted by 世界放浪異端児トシカズ at 03:18| Comment(0) | パーティーライフ意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。