2015年03月22日

日本全国のニートたちへ送る究極のメッセージ



世界放浪異端児トシカズが日本全国のニートへ「送る言葉」

私は今から本気で日本全国のニートの人達へこの言葉を送りたいと思います。「君たちの親と周りの大人たちは嘘つきである。」という事を分かってください。多くの親と周りの大人達はあなたに「あなたは何にも出来ない子だ」「ろくな子供じゃない」「ダメな奴だ」というでしょう。

 でもそれは全部「嘘」です。そして私がこれからいう事が真実であり本当の事なのでその耳をかっぽじって良くきいてください。あなた達の親や周りの大人たちは、、

 「あなたに何が出来るか、どんな事が出来る分かっていない」だけなんです。

 本当はあなたに出来る事はたくさんあります。でもそれをあなたの親や周りの大人たちは「出来ない」と決めつけているだけです。あとあなたの親は「自分勝手」だと分かってください。

 なぜそんな事を言えるのか?もちろんそれには理由があります。それはあなたの親はいつまでもあなたに家に居て欲しいと思っているからですでもそれは言葉にだしてあまり言いません。その変わりこういう事をよくいいます。

 「しょうがない子ね」「うちの子はダメだから」
 「もうしょうがないね」「うちの子は可哀想だから」

 こんな感じでもうあなたの事を諦めているようなセリフを言います。でもこれは本当は親がどうやって子供を教育したらいいのか分かってないからそういう事を言うし、いつまでも親があなたのヒーローでありたいからあなたの為に料理をしたり家の掃除をしたり買物へ行ったりあなたの心配をしたりしているのです。

 あなたがダメなのではなく親がダメなのです。それはあなたの親が。。。

 池の中のコイのような生活を今までしてきたからです。そういう親というのは例えば。。学生時代からあまり社会経験をせずに早い時期に結婚したとか、まあ色々原因はあると思いますが要は「人生経験が少なかったのに結婚した」という事です。

 親の人生経験が少ないと子供に教えられる事も少ないです。だからあなたの親はあなたがちょっと何かが出来ないからといってもうこの子は何も出来ない子供だ!って勝手に思ってしまいます。そしてじゃあ自分が守ってあげないとこのコは可哀想だ!となっている訳です。

 まずあなたが分からないといけないのは。。。

 1親はあなたの事をちゃんと分かっていない
 2親はあなたにどんな可能性があるか分かっていない
 3親はあなたにいつまでも子供のままでいて欲しい

 あなたはいつまでもあなたのこんな親を信じていてはいけません。
 あなたはいつまでもあなたのこんな親に甘えていてはいけません。
 

 その理由はたった1つです。それは。。。



  「自分の為」です。


 私は今34才で朝から晩まで何をしてもいい人生を手に入れました。私は自分の為に成長してきて自分で今人生をコントロールして自分がやりたい事だけをやっています。それは私が今まで色んな事を努力してきたし、色んな事に挑戦してみたし、色んな経験をしてきたからです。だから家に閉じこもっていたら色んな経験のチャンスを失ってしまいます。


 私と同い年である34才の知り合いで今だに「ニート」のままの人がいます。この人は34才ですがいまだに親と一緒に住んでいるし今だに閉じこもった生活を続けており、、、親はいまだに子供や周りの人達にこう言っています。


 「あの子は可哀想な子だから。。。」

 「あの子は何もできない子だから。。。」


 34才でニートから脱出するのは非常に難しいです。本来なら20代で経験すべき経験をせず家に閉じこもっていたのでいい大人の年をした子供のままなのです。だからあなたは自分に本当の気持ちをきいてください。


 「わたしは、一生子供のままの大人になりたいのか?」
 「わたしは、ちゃんとした大人になりたいのか?」


もしそれで一生子供のままの大人でいい!!と思えたならそれはあなたが決めた人生だし「私はいい大人になりたい!!」と思えたならそれもあなたの人生です。ただ私は絶対に後者のあなたにいい大人になって欲しいと願っています。

      


posted by 世界放浪異端児トシカズ at 15:47| Comment(0) | ニートたちへ送る言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。