2015年01月12日

底なし沼のブラックカードとは?


 アメリカンエクスプレスが発行している「センチュリオン」というクレジットカードがちまたで言われている「ブラックカード」。半永久的に無制限に使えるという見方がされているが、実際のところその人の保有している資産、ビジネス、預貯金、債権などによって限度が決められるので「無制限」ではない。

 ただこのブラックカードは持つ人によって無制限と言っても過言ではない程の制限枠を設定出来るという話だ。つまりビルゲイツのような人間がこのブラックカードを持っていたならそりゃ「無制限」となんの変わりもないでしょっといった所です。富裕層向けに発行されているので一般の人が持つようなカードではない事でビジネスマンの憧れともなっている。

 さてなぜ私がこの話をしているのか?実は私はこのブラックカードを持つ事が出来てしまったのだ。

ブラックカード.jpg


 審査を1ヶ月程待っていてなかなか遅いなと思っていたら来ちゃいました。ここで少し疑問を持ちました。。。あれっ。。。オレって確かフリーターだよね??。。。なぜフリーターの自分がブラックカード。。。という事でフリーターが経済フリーになり海外で億資産を保有し、底なしと言われるブラックカードを持つような時代に突入したという事です。

 いかがでしょうか?こんな社会から離脱したフリーターであり続ける私だから言える事があります。実は前々から言いたかったのでここで言わしてもらいます。それは。。。。

1学校はクソです。
2会社はクソです。
3周りの大人たちはクソです。

なぜクソなのか?それは資本主義社会に生きている我々が社会に出る前に周りの大人たちは最も重要になってくるお金の教育を教えず教科書洗脳で「多くの無駄な時間」を過ごさせ労働ロボットになりさがるような社会に放り出したからです。さて別の言い方をしたいと思います。それは。。。

1学校はあなたの人生の最も貴重な時間を奪います。
2会社はあなたの人生の最も貴重な時間を奪います。
3周りの大人たちはあなたの最も貴重な時間を奪います。

さてさらに言い方を変えてみましょう。

1学校はあなたを労働ロボットにします。
2会社はあなたを労働ロボットにします。
3周りの大人たちはあなたを労働ロボットにします。

 あなたにここで分かって欲しいのは私は別に社会を嫌ってこう言っている訳でもないし別に反感を抱いているわけでもありません。まあ発言がちょっと反抗しているように見えるかもしれませんが私が社会に反抗していようと嫌っていようとはっきり言ってどっちでもいい事なのです。

 私は純粋にあなたの視野を広げたいと思っているだけです。ー>これはマジです。さがなので。。。


 まあ今までの記事を読んでくださった方なら分かると思います。それはさておき。。。


 実際のところ私たちが別の見方が出来ていなかっただけなのです。私のように学校をクソだと思うような人間はあなたは嫌いですか?なんてひねくれた奴だと思いますか?なんて曲がっているやつだと思いますか?

 あなたがどう思っていようと私にはどっちゃだっていい事なのです。

 ただ私はもっと現実を直視しておりもっと客観的に物事を見る事ができる立場なのは間違いありません。

 
 億資産を保有し、自由奔放に世界を飛び回り、どんな人間関係にも縛られていない上、4カ国語を自由に使いこなす私がそんらそこらの一般人よりも現実を直視出来ていない訳がないですよね?

 そんな私が「学校がクソ」だと言える現実があるのだと認識してください。

 そんな私が「会社がクソ」だと言える現実があるのだと認識してください。

 そんな私が「周りの大人達はクソ」だと言える現実があるのだと認識してください。

 
 私がこう言う裏にはちゃんと裏付けされたまっとうな理由がある訳です。

 という今日はかなりシビアな話をしましたが、今日はクソクソ言い過ぎてスッキリし過ぎたのでここら辺で控えておきますwww というかこんな直球な話をし過ぎるとみんな逆に私を好きになってしまうと困るのでどうか勘弁してください。

 今日もありえないような終わり方になってしまいましたがww
                                 それではまたwww




posted by 世界放浪異端児トシカズ at 01:53| Comment(0) | 底なしブラックカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。