2014年12月19日

集団行動をするな




 こんにちわ。世界放浪異端児トシカズです。







 今回は「集団行動をするな」というテーマで話をします。







 日本ではよく「集団行動を乱すな」という教えを受けますが。。。







 私は出来るだけ単独行動をした方が良いと考えます。
 




 

 それは自分という人間の個性を他人に害されない為であり。。。







 協調性よりも自己主張を重要視する為です。







 
 おいおい何勝手な事いってんだよと思うかもしれませんが。。。。








 じゃあ確信をついた質問を今あなたにしましょう。。







 あなたは周りの人達と協調しながらも。。。









 あなたが自分で自分の人生をコントロールし。。。








 自分の思うように道を切り開いていき。。。。








 自分が本当に生きたい人生を生きれているでしょうか?





 


 もし周りの人達との協調性を重要視しつつも。。。







 本当に望んでいる人生を歩めているなら。。。おめでとうございます。








 しかし現実それは凄過ぎる事です。








 それはまさに万人に一人選ばれた人生を生きれているのです。







 しかし現実的に考えて。。。








 周りの人間との協調を重んじながら生きる人生を選んでいたなら。。。。








 はっきりいってあなたが本当に望む人生を歩むのは難し過ぎます。








 そして多くの場合。。。







 周りの人間となじまなきゃいけない = 自分が望んでいた人生








 といつのまに暗示をかけてしまっているのです。







 まずあなたがある程度固まった個人マインドを持っていないと。。。







 周りに協調して生きていくのがむしろ「当たり前」になってしまっているのです。






 
 それはもはや「必要性」にかかってしまっています。






 いつでも好きな時にその周りの人間関係から「離脱」出来るのなら。。。







 あなたは依存していないし。。協調性を重んじる必要性などないのです。








 「協調性」などはっきりいって逆に邪魔になるのです。







 周りの人達と同じリズムで、同じ調子で生きていながら。。。







 同時に一体どうやって自分が奏でる本当のリズム








 全部一緒にして生きる事が出来るのでしょうか?








 人間はみんなそれぞれリズムが違うのです。









 それを協調する事というのはリズムを同じにする為に








 調子を合わせる為の「負荷」というのをかならず自分にかけてしまう事になります。








 これを長いスパンでの「負荷」とほとんど感じる事がないのなら。。。








 あなたのリズムの調子が凄い運のいい事に。。








 もともとその周りの人達とのリズムが合っていたという事になります。







 そして合っていたとしても長いスパンで一緒に過ごすと。。。








 必ずリズムがどこかで狂ってきます。








 なぜでしょうか?簡単な理論です。それは。。。







 誰一人として「完全に同じリズムの人」は存在していないのです。







 同じだと思っていたお互いのリズムでも良く近くで感じていたなら。。。








 微妙に違っていると気づきます。。そしてさらに近くで毎日感じていると。。。








 だいぶ違っている事に気づきます。結局は。。。








 周りの人達との協調を重んじながら生きているなら。。。。








 どこかで自分を殺さなければならない状況は避けられないのです。








 だからわたしは単独行動は基本でなければならないと思っています。

 





 その根本は。。私が個人的に「自由」「安心」を究極に求めているという事に。。。






 私は気づいているからです。








 会社で働いていたら必ずトラブルに決まっています。。。









 多くの友人知人と交わっていたらどこかでトラブルになるに決まっています。








 家族や恋人が居るならトラブルに決まっています。








 なぜでしょうか??






 
 
 協調性が深くなって来ると自然に「期待」「依存」が強くなって来るからです。







 結局あなたが人生で何を求めているのかちゃんと分からないとダメです。








 結局みんな死ぬわけで、しかもいつ死ぬか分からないという








 そんな人生をわれわれは今生きているのです。






 
 という事でここらへんで今日はストップします。


                  それではまた。



続きを読む
posted by 世界放浪異端児トシカズ at 02:52| Comment(0) | 集団行動をするな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。