2014年10月29日

スイスから経済フリーマインドを伝授する


スイス1.jpg

スイスからの中継でお送りいたします。


 こんにちわ。世界放浪異端児トシカズです。


 私は今こう思っています。


 もっと早く周りの大人たちが経済面で教育してくれていたら


 もっと若いうちから資産を膨らませてもっと早い時期から


 もっと自由になれていたのにと。。。。これが本音であり正直なところです。


 
 なので特に若い10代後半から20代ぐらいの人達に


 
 早くこの「経済困難」を乗り越えて自由を手に入れて欲しいと願っています。



 しかしその反面時々思う事があります。



 実は、お金の事をそこまで考えずにいたのも



 幸せな事だったと思えるのです。


 お金がそんなにある訳でもなく、凄く困っている訳でもない状態。



 ほとんどお金の事は考える事なく



 「やりたい事がやれているから良い」と思っていた時代。



 お金に縛られる事はないし、お金は必要なものを買う為のツールでしかなかったし



 自分にとってそこまで価値のあるものとも思っていなかった。



 しかし、お金が完全になくなってしまった時に気づいてしまった。



 お金の価値というものに。それは健康が当たり前だと思っていたのが


 
 急に病気になり、健康で居られたときの価値が分かるのと同じ様に。。。




「おいおいお金なかったら何にもできないじゃん!



 てな具合に気づいてしまいましたwww 




スイス2.jpg


 
 4年前は1週間後ご飯を食べていけるかさえ分からない程




 切羽詰まっていました。バカですよね?www 




 私にもそんな時期があったんです。お金に全く無頓着だった時期が。。。


 
 でもそんなバカみたから、そんな金欠の痛みを覚えたから。。。



 一般の人よりお金を増やす事に成功したのだと思います。



 信じられないかもしれませんが、ここで告白すると今の私の資産額は



 不動産と株の値上がりと配当金などで自動的に膨れ上がって来ており


 
 不動産、株、ネットビジネス、著書の印税の不労所得を全て合せると



 もうやがて「億」を越えるところまで来ています。



 ここで注意してもらいたいのは、私の収入は全ては



 株と不動産に再投資し続けています。



 なので宝くじで「億」当てて、一瞬にしてお金が吹っ飛ぶという


 
 人間とは全くお金に関する感覚が違います。



 私は質素な生活を好み、一般的な専業主婦のようなお金の使い方しかせず



 むしろ一般的な専業主婦より消費が少ないと思います。



スイス5.jpg



 私のこの「必要最低限しかお金を使わない」という考え方は。。。。



 完全金欠の借金50万円の時と、「億」近い資産を所持している時と比べても



 全く変わっていないのです。しかし私がお金を持っていない時は、、、、



 お金があったらこれも出来てあれも出来てとかいろんな事をしてとか。。。



 そんな感じで考えていたのですが。。。。お金を作るうちに



 「時間」が最も価値が高い事に気づいてしまったのです。



 つまり明日が来る保証さえない人生で



 何を最も優先しなければならないか?



 そういう事の方がよっぽど大事なんだと気づいてきた訳です。



 多くの人が今この記事を見て



「そんなにお金持ってるんだったらもう何もしなくていいんじゃない?」



 とか「遊んで暮らせばいいじゃん」と思うかもしれません。



 しかしその考え方は「人生は遊びだ」



 といった感じで人生の軸が「遊び」という考え方をしている人に限られてきます。



 私の今の人生の軸が「遊び」ではないからどんなに資産を所有していても



 朝から晩まで遊んでいるという事はない訳です。




スイス3.jpg


 そもそも遊びって。。。



 毎日彼女誘ってディズニーランドでしょうか?



 たくさんの友達かき集めて野外でキャンプでしょうか?


 
 浜辺のビーチでひたすら日光浴と海水浴でしょうか?



 美味しいもの食べて、夜街を徘徊し、酒を喰らって



 歌って、騒いで、日常のストレスを全て発散でしょうか?



 そういった遊びは「高校生」「大学生」の時で十分飽きる程やりました。



 私が赤ちゃんだった頃、おしめが必要だったけど



 さすがに今「おしめ」を使わないのと一緒で。。。



 ただ単純にそういった「遊び」は今のところ必要ではなくなっただけなのです。



 まあそう言ってしまうと「遊び」は「おしめ」している赤ちゃんがすることかい?



 と突っ込まれそうですが見下して言っている訳ではありません。




 人生には時期があり、人というのは人生における「軸」が変化するものです。



今では刺激よりも質素な生活にありがたさを感じたり



 派手な事をして満足するより



 普通にやるような事をして満足するようになったのです。



 もちろん、人生の軸を今すぐ「遊び」に変える事は出来ます。



 しかしその遊びというものが今の自分にとって



 最も価値の高いものではないという単純な理由があっての事です。



スイス4.jpg



 という事でちょっと話は長くなってしまいましたが



 今回はこの辺で。スイスからの中継でした。



 
 スイスのアルプス山脈で頭を冷やす世界放浪異端児トシカズより



 



 

 
 











 







 















posted by 世界放浪異端児トシカズ at 20:24| Comment(0) | 経済フリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。